仮面ライダーオーズ

提供: ニチアサキッズタイムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動


概要[編集]

『仮面ライダーオーズ』は、テレビ朝日をキー局に、2010年9月から2011年8月まで地上波放映された変身ヒーローもの連続ドラマ。全48話
タイトルロゴなどの表記は「仮面ライダーOOO」とも。
キー局の放映時間は、毎週日曜日8:00からの30分枠だった。

仮面ライダーシリーズの1番組で、平成ライダーシリーズとしては12作目の番組にあたる。

あらすじ[編集]

封印から解放され、現代に蘇る欲望の化身グリード。グリード復活事件に巻き込まれる、風来坊の火野映司は、グリードの1体だが右腕だけの存在になっていたアンクに、オーズへ変身するアイテムを託される。

映司は、グリードたちや、彼らが生み出す怪人(ヤミー)と、オーズとして戦う事に。他のグリードたちとは違う思惑を持っているらしいアンクと、映司とは、互いに相手を利用しあう奇妙な関係を結んでいく……。

TV番組のシリーズ構成[編集]

本作のプロットは比較的複雑だが、次のような区分を考えてみる事はできるだろう。

  • 第1話~第16話:16話のクライマックスでオーズはピンチに陥るが、本作のライバルライダー、仮面ライダーバースが初登場して助勢する。その他、15話、16話を前後編とするエピソードでは、鴻上ファウンデーション会長の口からグリードの誕生秘話が語られるなど。
  • 第17話~第24話:16話終盤で初登場した伊達明が、バースとしてメダル争奪戦に参入。16話で、メダルが暴走したグリードの2体は滅びるが、残る2体の片方は、進化し始める。
  • 第25話~第30話:25話からは、鳥系のヤミー怪人が、登場しだす。赤いコアメダルから派生する鳥系ヤミーは、アンクの腕だけ復活の謎に連なっていく。
  • 第31話~第48話(最終話):31話からは、「過去に世に出た事の無い」紫のコアメダル10枚が導入される。32話では、新種にあたる紫系のヤミー怪人が、TVシリーズに初登場。前後して、10枚の内5枚が、火野映司の体に宿る。

物語の特徴[編集]

  • 主人公、火野映司に変身能力を与えたグリード(人外の怪物)の1体アンクが、独自の思惑で他のグリードと対立。英司とアンクの互いを利用しあうような関係が続く。
  • グリードを構成し、オーズ変身のキーにもなるアイテム、コアメダルの争奪戦。

--など。

原作[編集]

本作における「原作=石ノ森章太郎(石森章太郎プロダクション)」 のクレジットは、過去におけるシリーズのコンセプト監修に対するものと思われる。

ちなみに、監修とクレジットされている小野寺章は、故・石ノ森の本名が使われた、石森章太郎プロダクションのハウスネーム(共同ペンネーム)。

楽曲情報[編集]

  • OP主題歌「Anything Goes!」(作詞=藤林聖子、作曲=Tatsuo、編曲=Tatsuo、中川幸太郎、歌手=大黒摩季)
  • ED主題歌=番組の構成上、ED主題歌にあたる曲は無い。ただし、挿入歌の多くは、ドラマの最終盤に被せられる形で、ED曲に準じたような効果で用いられた。
  • 挿入歌「Regret nothing ~Tighten Up~」(作詞=藤林聖子、作曲=鳴瀬シュウヘイ、編曲=鳴瀬シュウヘイ、歌手=渡部秀 as 火野映司
  • 挿入歌「Got to keep it real」(作詞=藤林聖子、作曲=鳴瀬シュウヘイ、編曲=鳴瀬シュウヘイ、歌手=渡部秀 as 火野映司)
  • 挿入歌「Ride on Right time」(作詞=藤林聖子、作曲=鳴瀬シュウヘイ、編曲=鳴瀬シュウヘイ、歌手=渡部秀 as 火野映司、ラップ=緋村剛
  • 挿入歌「Sun goes up」(作詞=藤林聖子、作曲=鳴瀬シュウヘイ、編曲=鳴瀬シュウヘイ、歌手=渡部秀 as 火野映司)
  • 挿入歌「Time judged all」(作詞=藤林聖子、作曲=鳴瀬シュウヘイ、編曲=鳴瀬シュウヘイ、歌手=渡部秀 as 火野映司、三浦涼介 as アンク
  • 挿入歌「WIND WAVE」(作詞=つよし、作曲=あやの、編曲=つよしとあやの、歌手=つよしとあやの as 路端ライオン
  • 挿入歌「POWER to TEARER」(作詞=藤林聖子、作曲=鳴瀬シュウヘイ、編曲=鳴瀬シュウヘイ、歌手=渡部秀 as 火野映司、串田アキラ)
  • 挿入歌「POWER to TEARER」(作詞=藤林聖子、作曲=tatsuo,everset、編曲=tatsuo,everset、歌手=岩永洋昭 as 伊達明君嶋麻耶 as 後藤慎太郎
  • 挿入歌「Anything Goes! “BALLAD”」(作詞=藤林聖子、作曲=tatsuo、編曲=中川幸太郎五十嵐“IGAO”淳一、歌手=大黒摩季)
    この歌は、最終話の劇中で使用された。公式にエンディングテーマと表記される事もある。

番組情報[編集]

【スタッフ 】[編集]

TVシリーズのスタッフ

【キャスト】[編集]

TVシリーズのレギュラー、準レギュラー

DVD化など[編集]

TVドラマのソフトは、以下の商品が発売された事がある。

  • DVD『仮面ライダーOOO(オーズ)』VOL.1 ~ VOL.12(東映ビデオ)
  • Blue Ray『仮面ライダーOOO(オーズ)』VOL.1 ~ VOL.12(東映ビデオ)

基本用語[編集]

オーズ
本作の主人公にあたる変身ヒーローの名。変身用アイテムであるオーズドライバーをアンクに預けられた火野映司が変身する。
ドライバーに挿入する3枚のコアメダルの組み合わせで、多彩なフォームチェンジをするのが特徴。最初は、タカの力を頭部に、トラの力を上半身に、下半身にはバッタの力を宿すタトバのフォームに変身し、タカキリバ(タカ、カマキリ、バッタ)フォームなども使う。
仮面ライダー
オーズのTVシリーズでは、劇中「仮面ライダー」の語は多用はされない。ただし、オーズのライバルにあたるバースは、そのマニュアルにも「仮面ライダーバース」と記されている。
又、27話と28話の前後編(28話は、シリーズの「TV放送1000話記念企画」)の劇中では、鴻上ファウンデーション会長を筆頭に、伊達明なども、疑問も違和感もない様子で、「仮面ライダー」の語を、何度か使っていた。
他方、映画『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』(2010年8月7日公開)で、オーズが画面に初登場するシーンで、オーズはWに「仮面ライダーは助け合いでしょう」と話しかけている。
仮面ライダーオーズ
「仮面ライダーオーズ」という呼称は、ドラマ劇中では用いられていない。ただし、火野映司ら主要キャラクターは、そのように呼ばれたとしても戸惑いはしない感じだろう。
グリード
鴻上ファウンデーション
変身
第1話(Bパート)で、右腕だけのアンクはオーズドライバーを託した英司に「さあ、変身しろ」と促す。続くシークエンスで、初めてコアメダルを使う英司は、ドライバーに挿入したメダルをオースキャナーでスキャンした直後に「変身」と口にし、初変身。直後、映司は変身に驚いていた様子だが、タトバの歌の事が話題に。結局、映司が何故「変身」と口にしたかの謎は、劇中ではうやむやになる形に。

主要キャラクター[編集]

クスクシェ[編集]

火野映司
泉比奈
アンク

鴻上ファウンデーション[編集]

後藤慎太郎
伊達明
真木清人

グリード[編集]

ウヴァ
カザリ
ガメル
メズール


関連事項[編集]

オーメダル
コアメダルとセルメダルとを併せた総称。イメージ的には、魔法のコイン。
実は、人間の欲望をメダルの形状に具象化したアイテムらしい。アンク「セルもコアも、メダルの元は、人間の欲望」(2話)。
コアメダル
擬似生命体の怪物グリードの、存在の核を構成するメダル状のアイテム。イメージ的には魔法のコイン。系統ごとに色が異なる。
グリードたちは、それぞれ自分の系統の同色コアメダルを吸収する事で、パワーを増す。オーズも、同系のコアメダル3枚を同時に変身に用いると、混色メダルよりも強力なフォームに変身できる。
オーズのドラマでは、コアメダルの争奪戦が物語展開を駆動する要因の1つになる。実は、過去に錬金術で作られた事は、ドラマ中盤で明かされる。
セルメダル
オーズドライバー
オーズに変身するためのアイテム。イメージ的には変身ベルトのバックル部分ににあたる。
当初は石でできているような外見のアイテムで、グリードたちをコアメダルの状態で長年封印していたようだ。第1話では、この石状アイテムを右腕だけになっていたアンクが奪う事で、カザリら4体のグリードが復活。ウヴァが生み出した怪人(カマキリヤミー)に襲われたアンクが、偶然行きあった火野映司にアイテムを託す時に、石状態が解けた。
ドライバーには3つのスロットルが刻まれていて、装着した人間はスロットルにそれぞれ1枚ずつ、計3枚のコアメダルを挿入する事で、変身が可能になる。ただし、(アンクによると)物語内の現代では最初に石化状態からドライバーを解放した火野映司以外には使えない。
オースキャナー
クスクスシエ
グリード
コアメダルを核に、多数のセルメダルを集合させている存在。
ドラマで最初に登場するのは、コアメダルの数が減っていたため右腕だけになっていたアンク。アンクが、オーメダルを封印していた石櫃から封印のパ-ツを外すことで、ウヴァ、カザリ、ガメル、メズール、4体のグリードが、同時にメダル状態から復活する(第1話)。
実は、過去に錬金術師がコアメダルを作った後、副次的に生まれた事が、ドラマ中盤の回想で描かれる。
ヤミー
ライドベンダー

メディアミックス展開[編集]

コミカライズ[編集]

番組の本放送時の雑誌連載(調査中)

劇場用映画[編集]

劇場版[編集]

MOVIE大戦[編集]

その他[編集]

DVD[編集]

  • 『仮面ライダーOOO(オーズ)』DVD,VOL.1~VOL.12(東映ビデオ)
  • 『仮面ライダーOOO(オーズ)』Blue Ray,VOL.1~VOL.12(東映ビデオ)
  • ヒーロークラブ『仮面ライダーオーズ』vol1、2(2010年~2011年、東映ビデオ)

ショートムービー[編集]

  • 『仮面ライダーオーズ 超バトルDVD クイズとダンスとタカガルバ』』(監督=山口恭平、脚本=米村正二、製作・発行=小学館)

イベント[編集]

ゲーム[編集]

OVD[編集]

ノベライズ[編集]

その他[編集]

商品情報[編集]

DVD[編集]

             

          

    

  

音楽ソフト[編集]

    

 


コミカライズ書籍[編集]

特になし

ノベライズ書籍[編集]

関連書籍[編集]

話題まとめ[編集]

この記事への意見、こんな項目がほしい、などは、この記事の[議論]に、どうぞ。

実況ログ[編集]

#○○チャンネルでの実況ログ。

チャットログ[編集]

blog記事[編集]

リンク[編集]

外部リンク[編集]

ニチアサキッズタイムwiki内の主な関連項目[編集]

テンプレート:○○